×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  「山田の歴史を語る会」は、作家・詩人である山田野理夫(やまだのりお)を敬愛する人間でしたら誰でも名乗ることが出来る勝手気ままなファンクラブな名称です。 (2012.1.22)

  1月24日、山田野理夫が急性心不全で亡くなりました。新たなる作品をまだ待ち望んでいた吾々にとって非常に哀しい報せですが、文章は詩篇は詞章は文字の跡の残る限りこの世で不滅のものです。今後も永らくその歴史を語りつづけて下さることを会は願います。(2012.1.28)


山田野理夫 作家・詩人・歴史家(1922-2012.1.24)
仙台うまれ。第6回農民文学賞を『南部牛追唄』で受賞。
小説に『南部牛追唄』(1961)『函館』(1968)『天童物語―吉田大八』(1976)
詩集に『山田野理夫詩集』(1976)などがあります。





詳細については現在準備中です。あせらず待ちたまえ。

Site Design : こっとんきゃんでい up 2012.01.22 lastup 2012.01.28